帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
030大学院畜産学研究科 >
03001学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/955

タイトル: コンピュータモニタ画面による牛肉色評価の基礎的検討
その他のタイトル: Primary Investigation of Evaluating Beef Meat Color Using Computer Monitor
著者: 口田, 圭吾
植田, 美緒
岡本, 圭介
鈴木, 三義
三好, 俊三
鶴田, 徹
KUCHIDA, Keigo
UEDA, Mio
OKAMOTO, Keisuke
SUZUKI, Mitsuyoshi
MIYOSHI, Shunzo
TSURUTA, Toru
キーワード: Color calibration
Meat color
Remote evaluation of meat
発行日: Nov-2002
出版者: 日本畜産学会
抄録: 同一の枝肉横断面画像であっても,入力デバイスの種類,撮影時の照明条件,コンピュータモニタの種類や,その輝度,色温度,コントラストなどの調整によって,異なる色合いとして表現される.本研究では,デジタル化された枝肉横断面画像を,異なるコンピュータモニタにおいて,同一の色合いとして表示するための手法について検討した.個々のモニタの持つ特性を解消するために,カラーキャリブレータを使用し,台のコンピュータモニタのカラーキャリブレーションを実施したところ,赤色の色度座標xは0.622から0.624,yは0.344から0.345の範囲にあった.最も数値に差異が認められた緑色においても,その範囲は色度座標xの0.290から0.293であり,3台のコンピュータモニタが非常に近い色合いを発色していることが確認された.著者らにより開発された枝肉横断面撮影装置(以下,撮影装置)は,鮮明かつ安定的に枝肉横断面画像を採取可能である.同時期に開発された撮影装置は,5台存在するが,白色LEDやデジタルカメラの特性により,同一の設計ではあるものの,それぞれの撮影装置で得られる画像の色合いは,若干の差異が存在する.撮影装置の特性を除去するために,重回帰分析による色補正を行った結果,すべての撮影装置から得られた画像をほぼ同一の色合いで表示させることに成功した.また,2台の撮影装置で同一の枝肉(n=63)を撮影し,画像解析によりBCSナンバーを推定したところ,色補正前における推定BCSナンバーの平均値の撮影装置間差は0.51であったのに対し,色補正後のそれは0.05と小さくなった. Identical digital images of carcass cross sections display in different colors on computer monitors due to brightness,color temperature,color contrast settings on the monitor and differences in the input device, lightning conditions,etc. The purpose of this research was to examine a technique to display digital images of carcass cross sections for remote evaluation in the same color on the computer monitors. A color calibration device was used to resolve the characteristics of each monitor. In executing the color calibration of three computer monitors,the x and y chromaticity coordinates of red were ranged from 0.622 to 0.624 and 0.344 to 0.345,respectively. The range of the x chromaticity coordinate of green,which had the largest difference,was 0.290 to 0.293. This indicates that the color on a computer monitor after color calibration were very close. Photographing equipment for the beef carcass cross sections developed by authors, could take clear and stable digital images. Although five pieces of photographing equipment developed around the same time,had the same design,color in the digital images were slightly different due to the characteristics of the digital camera and the white light emitting diodes used. Color correction by multiple regression analysis was conducted to remove the characteristics of photographing equipment and digital images from all photographing equipment displayed almost the same color on the computer monitor. The identical carcass was photographed by two sets of photographing equipments (n=63),a nd the BCS number was predicted by the image analysis. Difference of average of the predicted BCS number from color-converted image was 0.05,a lthough that from original image was 0.50.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/955
ISSN: 1880-8255
1346-907X
出現コレクション:03001学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
1966.pdf2.35 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください