帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
030大学院畜産学研究科 >
03001学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/945

タイトル: 黒毛和種枝肉横断面の各筋肉,皮下脂肪および筋間脂肪に関する遺伝的パラメータの推定
その他のタイトル: Estimation of Genetic Parameters for Muscle Area,Subcutaneous Fat of Carcass Cross section in Japanese Black Cattle
著者: 大澤, 剛史
長谷川, 未央
口田, 圭吾
日高, 智
関川, 三男
佃, 秀雄
OOSAWA, Takefumi
HASEGAWA, Mio
KUCHIDA, Keigo
HIDAKA, Satoshi
SEKIKAWA, Mitsuo
TSUKUDA, Hideo
キーワード: Japanese Black
Subcutaneous fat
Intermuscular fat
Genetic parameters
発行日: Nov-2004
出版者: 日本畜産学会
誌名: 日本畜産学会報
巻: 75
号: 4
開始ページ: 521-526
抄録: 枝肉横断面の主要な筋肉の面積ならびに筋肉内の脂肪交雑割合,皮下脂肪および筋間脂肪の面積を画像解析により測定し,従来の枝肉格付形質と画像解析形質との遺伝的関連性について調査した.黒毛和種間接検定材料牛404頭の枝肉横断面画像,格付記録および血統記録を用いた.一定範囲の枝肉横断面画像から,胸最長筋,僧帽筋および広背筋の面積ならびに各筋肉内の脂肪面積比,胸最長筋-背半棘筋-頭半棘筋に囲まれた筋間脂肪,胸最長筋-頭半棘筋-背多裂筋-腸肋筋に囲まれた筋間脂肪,僧帽筋および広背筋外側の皮下脂肪,それら筋肉内側の筋間脂肪の面積を測定した.また,枝肉横断面の実面積に対する各形質の実面積の占める割合(以下,面積%)を測定した.各皮下脂肪および各筋間脂肪の面積%に関する遺伝率は,それぞれ0.58~0.72および0.37~0.71と中程度から高い範囲にあった.皮下脂肪と筋間脂肪の面積%間の遺伝相関(0.15)は低い値であった.BMSナンバーと強い関連性を持つ胸最長筋内脂肪面積比と皮下脂肪の面積%間の遺伝相関は,-0.28~-0.08と負の値を示し,筋間脂肪においては逆に0.17~0.22と正の値を示した. The purposes of this study were to investigate the relationship among major muscle areas, subcutaneous fat (SF) and intermuscular fat (INF) of carcass cross section by image analysis,and to predict genetic parameters of those traits. Digital images of carcass cross section,grading records,and pedigree records for 404 Japanese Black steers in progeny testing were used. Areas and marbling percentages (MAP) in M. longissimus dorsi (LONG),M. trapezius (TRAP) and M. latissimus dorsi (LATIS),and sectioned areas of SF and INF were measured by the image analysis method. Percentages of each area to the entire cross sectional area were also calculated. Heritability estimates of the percentages for SF (0.58~0.72) and INF (0.37~0.71) ranged from moderate to high. Genetic correlation between the percentages for SF and INF was low (0.15). Genetic correlations between SF and MAP in LONG,which has a strong relationship with the BMS number,were negative (-0.28~-0.08),while those between the percentages for MAP in LONG and INF were positive (0.17~0.22).
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/945
ISSN: 1346-907X
1880-8255
権利情報: 日本畜産学会
出現コレクション:03001学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
1943.pdf1.23 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください