帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
030大学院畜産学研究科 >
03001学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/943

タイトル: 牛枝肉横断面に対する画像解析による部分肉歩留の推定
その他のタイトル: Estimation of Cutability by Computer Image Analysis for Carcass Cross-section of Beef
著者: 長谷川, 未央
口田, 圭吾
齋藤, 邦彦
熊谷, 周一郎
小西, 一之
撫, 年浩
HASEGAWA, Mio
KUCHIDA, Keigo
SAITO, Kunihiko
KUMAGAI, Shuichiro
KONISHI, Kazuyuki
NADE, Toshihiro
キーワード: Image analysis
Retail cut
Cutability
Trimming subcutaneous fat
発行日: May-2004
出版者: 日本畜産学会
抄録: 黒毛和種とリムジン種の交雑種117頭から得られた枝肉横断面画像より,各筋肉の面積や横断面に対する筋肉の面積割合(筋肉面積比)を算出し,それら画像解析形質と枝肉の部分肉量との関連について検討した.横断面画像から,各筋肉の面積,脂肪の面積,筋肉面積比,胸最長筋の脂肪面積比および整形皮下脂肪面積を算出し,画像解析形質とした.部分肉調査では,骨量,整形脂肪量,腎周囲脂肪量およびその他除去部分の重量,さらに,リブロースなどの各パーツの肉量が計測され,これらと枝肉重量から,部分肉歩留ならびに各パーツの重量割合を算出した.部分肉歩留と,もっとも高い関連が示された画像解析形質は,筋肉面積比であり,その相関係数は0.66であった.部分肉歩留を推定する重回帰式に選択された変数は,整形皮下脂肪面積,広背筋の面積,胸最長筋の脂肪面積比,菱形筋の面積および背半棘筋の面積であり,その決定係数は0.57であった.全調査日(16日間)のうち,部分肉歩留と筋肉面積比との相関係数が0.90以上となった日(3日間)の22頭を抽出し,部分肉歩留を推定する重回帰分析をおこなったところ,その決定係数は0.92と非常に高くなった.また,この22頭について,各パーツの重量割合を推定する重回帰分析を行ったところ,リブロース以外では比較的高い決定係数(0.78~0.82)となり,パーツの重量割合を画像情報から推定する可能性も示された. Each muscle area and the ratio of muscle area to total area (muscle area ratio) were calculated from the 117 cross-sections of crossbreed of Japanese Black and Limousin. The aim of this study was to investigate the relationship between their image analysis traits and cutability. Each muscle area,fat area,muscle area ratio,fat area ratio of rib eye and trimming subcutaneous fat area were calculated by image analysis. Weights of total bone,trimming fat, kidney leaf fat,other removable parts and each retail cut as rib loin were measured by physical dissection. Cutability and percentage of each retail cut were calculated based on weights and the carcass weights. The correlation coefficient between cutability and muscle area ratio was the highest with the value of 0.66. Selected variables for the prediction equation for estimating cutability were trimming subcutaneous fat area,M. latissimus dorsi area,fat area ratio of rib eye,M. rhomboideus area and M. spinalis thoracis area,and the coefficient of determination (R2) of the multiple regression equation was 0.57. In 16 days,22 images for 3 days,whose correlation coefficients between cutability and muscle area ratio were 0.90 or more,were extracted,and their cutability was predicted using multiple regression. The R2 of the prediction equation was 0.92,which was very high. Also, the percentage of each retail cut was predicted for those 22 images. They were relatively high R2 (0.78~0.82) except rib loin. Therefore,the possibility of predicting the percentage of each retail cut from the information obtained by image analysis was suggested.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/943
ISSN: 1346-907X
1880-8255
出現コレクション:03001学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
1939.pdf1.63 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください