帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
030大学院畜産学研究科 >
03001学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/941

タイトル: 黒毛和種枝肉横断面の画像解析形質ならびに枝肉形質に関する遺伝的パラメータの推定
その他のタイトル: Estimation of Genetic Parameters for Image Analysis Traits of Carcass Cross Section and Carcass Traits in Japanese Black Cattle
著者: 大澤, 剛史
口田, 圭吾
加藤, 貴之
鈴木, 三義
三好, 俊三
OSAWA, Takefumi
KUCHIDA, Keigo
KATO, Takayuki
SUZUKI, Mitsuyoshi
MIYOSHI, Shunzo
キーワード: Japanese Black
Image analysis
Genetic parameters
Marbling
発行日: 2004
出版者: 日本畜産学会
誌名: 日本畜産学会報
巻: 75
号: 1
開始ページ: 11-16
抄録: BMSナンバーは,脂肪交雑の面積割合,脂肪交雑粒子の大きさや形状などについて総合的に評価された数値と考えられる.これら各要因について画像解析手法を用いて数値化し,遺伝的パラメータを推定することを本研究の目的とした.供試材料は,2000年4月から2002年3月にかけて,北海道内の枝肉市場に上場された黒毛和種2,998頭である.第6~7肋骨間を切開した枝肉左半丸の横断面画像について画像解析を行い,脂肪交雑のロース芯に占める面積割合(脂肪面積比),脂肪交雑粒子の全体の粒子のあらさ,最大粒子のあらさ,ロース芯の短径・長径比およびロース芯形状の複雑さの5形質を画像解析形質として求めた.また,枝肉形質として枝肉重量,ロース芯面積,ばらの厚さ,皮下脂肪厚,歩留基準値,BMSナンバーおよびBCSナンバーの7形質をそれぞれ取り上げた.母数効果として年度ごとの季節,出荷月齢および性別を,変量効果として肥育農家を考慮し,遺伝率,遺伝ならびに表型相関係数が推定された.画像解析形質の遺伝率は,脂肪面積比(0.57),全体の粒子のあらさ(0.34)および短径・長径比(0.32)において中程度から高い値が推定された.BMSナンバーと脂肪面積比(0.97)および全体の粒子のあらさ(0.68)の遺伝相関係数が正の高い値であった. Marbling scores assigned by graders are comprehensively evaluated with consideration of the ratio of marbling area to ribeye area (FATPER),coarseness of marbling,etc. The purposes of this study were to calculate FATPER,overall coarseness of marbling (O_COARSE),coarseness of the largest marbling particle in rib eye (M_COARSE),ratio of minor and major axis of rib eye (MM_RATIO),and the complexity of rib eye shape (COMP) numerically by image analysis and to estimate genetic parameters for meat quality traits, including these image analysis traits. Digital images around the ribeye area at the 6th and 7th rib of 2,998 Japanese Black cattle were taken by the photographing equipment for beef cross sections during April,2000 to March,2002 at a meat processing plant in Hokkaido. Genetic parameters and breeding values for carcass traits and image analysis traits were estimated with an animal model using AIREMLF90 and BLUPF90 programs, respectively. The fixed effects of season by year,slaughter age and sex,and the random effects of fattening farm and additive genetic animal were included in the model. Heritability estimates of image analysis traits were 0.57 (FATPER),0.34 (O_COARSE),0.09 (M_COARSE),0.32 (MM_RATIO) and 0.18 (COMP). Genetic correlations between BMS and FATPER,O _COARSE and M_COARSE were 0.97,0.68 and 0.14,respectively. Sires with high breeding values of BMS and O_COARSE were recognized. This result indicates that the utilization of these sires lead to undesirably rough marbling.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/941
ISSN: 1880-8255
1346-907X
権利情報: 日本畜産学会
出現コレクション:03001学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
1936.pdf1.08 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください