帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
040連合大学院博士課程 >
04011学位論文(博士) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/910

タイトル: STUDIES ON MANIPULATION OF RUMINAL FERMENTATION AND METHANOGENESIS BY NATURAL PRODUCTS
著者: Pen, Bunthoeun
発行日: Mar-2007
出版者: 岩手大学大学院連合農学研究科
開始ページ: 1-118
抄録: 本研究は、反芻動物からの温室効果ガス放出を低減することを目的とし、安全な天然物質を用いてルーメンメタン生成及び、糞中及び尿中への窒素排出を低減させるためのマニピュレーションについて検討した。本研究は、(1)in vitro ルーメン発酵及びメタン生成におよぼすYucca schidigera (YSE)、 Quillaja saponaria (QSE) の抽出液及びそれらの併用添加の影響、(2)めん羊のルーメン発酵、メタン生成及び窒素代謝におよぼすYSE及び QSEとガラクトオリゴ糖の併用添加の効果 (3)ユッカ粗製粉末(PYE)給与に馴致しためん羊、或いは馴致していないめん羊のルーメン液におけるin vitroルーメン発酵及びメタン生成におよぼすYSE及びQSEの影響。
記述: 平成18年度
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/910
出現コレクション:04011学位論文(博士)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
p070331syuuron.pdf1.95 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください