帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
020畜産学部畜産科学科 >
02003学術研究報告(紀要) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/90

タイトル: 好冷性雪腐大粒菌核病菌Sclerotinia borealisの好乾的環境下での寒天培養における菌糸の成長
その他のタイトル: Growth of the psychrophilic snow mold Sclerotinia borealis on the agar under xerophilic conditions.
著者: 波川, 啓土
渡辺, 剛志
斉藤, 泉
髙澤, 俊英
NAMIKAWA, Yoshitada
WATANABE, Tsuyoshi
SAITO, Izumi
TAKASAWA, Toshihide
キーワード: 雪腐病菌Sclerotinia borealis
好乾性
D-マンニトール
PDA
好冷性
Snow mold Sclerotinia borealis
Xerophilic
D-mannitol
Psychrophilic
発行日: Aug-2004
出版者: 帯広畜産大学
引用: 帯大研報
誌名: 帯広畜産大学学術研究報告
巻: 25
開始ページ: 23-26
抄録: Potato dextrose agar (PDA) 培養に於いて, 好冷性雪腐大粒菌核病菌S. borealis の菌糸成 長は菌糸を移植した場合でも菌核を移植した場合でも同じように, 0.25M 及び0.5M D-マンニトー ルを添加することによって著しく促進された。促進効果については菌糸を培養した場合の方が, 菌 核を培養した場合に較べて, より大きかった。単位面積当たりのPDA 培地量に対する成長の早さ については, 培地量が多い場合(20mL) の方が少ない場合(10mL) に比べて成長の速度がより早かった。 Growth of psychrophilic snow mold Sclerotinia borealis on the potato dextrose agar (PDA) culture was remarkably promoted by adding 0.25M and also 0.5M D-mannitol, either when the sclerotium was transplanted and when the hypha was innoculated. The promoting effect was greater when the hypha was cultivated than in the case in which the sclerotium was cultivated. The growth speed for PDA medium quantity per unit area where the medium volume was large (20mL) was faster than the case of small amount (10mL).
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/90
ISSN: 1348-5261
権利情報: 帯広畜産大学
出現コレクション:02003学術研究報告(紀要)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
n061121-1.pdf19.09 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください