帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
020畜産学部畜産科学科 >
02003学術研究報告(紀要) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/87

タイトル: 鮭の内臓から作ったフィッシュサイレージの特徴とその利用                  
その他のタイトル: Features and utilization of fish silage made from salmon bowels
著者: 小嶋, 道之
市田, 卓志
清水, 勇輝
鈴木, 敏文
KOJIMA, Michiyuki
ICHIDA, Takuji
SHIMIZU, Yuki
SUZUKI, Toshifumi
キーワード: フィッシュサイレージ
鮭内臓
ギ酸
Fish silage
Salmon bowels
発行日: Aug-2004
出版者: 帯広畜産大学
引用: 帯大研報
抄録: 鮭の内臓は, ギ酸でpH4.2以下に保存したところ, 室温でサイレージにすることができた。この フィッシュサイレージは, 室温で1年以上貯蔵可能であった。豚を用いたキャフェテリア方式での 試験では, フィッシュサイレージよりも通常の配合飼料の方を好んで食べたが, 単品で与えた時に はフィッシュサイレージを食べる事を確認した。また, フィッシュサイレージは1/500濃度の液肥 として与えて野菜の生育量を調査したところ, 全ての野菜でコントロールのそれらよりも1.2倍以 上増加していた。鮭内臓の酸処理貯蔵は低エネルギーな方法であり, 家畜の液体飼料および液肥を 作る低コストな方法として提案する。 Treatment of salmon bowels at pH 4.2 or less with formic acid was examined as a method for preparing silage for storage at room temperature. This fish silage could be stored for over 1 year at room temperature. Although a pig preferred its usual feed to the fish silage in a cafeteria system test, it ate the fish silage if it was given alone. In addition, when used as a liquid fertilizer at 1:500 dilution, it increased the biomass in all tested vegetables 1.2-fold over control. We therefore propose acid treatment of salmon bowels as a low energy and low cost method for preparing silage or liquid fertilizer.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/87
ISSN: 1348-5261
出現コレクション:02003学術研究報告(紀要)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
k061121-1.pdf19.09 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください