帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
020畜産学部畜産科学科 >
02003学術研究報告(紀要) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/83

タイトル: 低温と光がアズキ実生の抗酸化酵素活性に与える影響
その他のタイトル: The effect of low temperature and light on the antioxidative enzyme activity of the Adzuki bean seedling.
著者: 何, 寧
太野, 友和
小嶋, 道之
He, Ning
Futono, Tomokazu
Kojima, Michiyuki
キーワード: アズキ
実生
低温処理
SOD
APX
CAT
Adzuki
seedling
low-temperature
Superoxide disumutase
Ascorbate peroxidase
Catalase 
発行日: Oct-2005
出版者: 帯広畜産大学
引用: 帯大研報
抄録: 出芽期の低温に強いアカネダイナゴンと出芽期の低温に弱い斑小粒系-1の実生を15℃で低温処理 した時に,両品種の抗酸化酵素活性に違いがあるのかどうかを調べた。アカネダイナゴンの緑化実生を 低温処理すると,APX 活性やCAT 活性は上昇したが,斑小粒系-1のCAT 活性は顕著に低下した。しか し,黄化実生に4000Lx の光照射下で低温処理すると,斑小粒系-1のCAT 活性は上昇したが,アカネダ イナゴンのそれはほとんど変化しなかった。斑小粒系-1の緑化実生は,光のある状態で低温を受ける と代謝が乱れ,CAT 活性が低下して細胞内の過酸化水素が過剰となり,細胞障害を起こすのかもしれない。 Seedlings of 2 varieties of Adzuki beans – the Buchisyouryukei-1 variety, which is weak under low temperatures in the budding stage, and the Akanedainagon variety, which is resistant to low temperatures in the budding stage – were investigated to clarify whether differences in the antioxidative enzyme activity are associated with exposure to low temperatures (15ºC). APX and CAT activity rose when greenish Akanedainagon seedlings were exposed to low temperatures, and the CAT activity of greenish Buchisyouryukei-1 seedlings decreased significantly. CAT activity of etiolated Buchisyouryukei-1 seedlings rose during chilling under light (4000Lx), but there was no recognizable change in etiolated Akanedainagon seedlings. It is the decreased CAT activity when greenish Buchisyouryukei-1 seedlings are exposed to low temperatures, in combination with the resultant excessive hydrogen peroxide, that causes cell damage.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/83
ISSN: 1348-5261
出現コレクション:02003学術研究報告(紀要)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
n061120-1.pdf3.76 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください