帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
080動物医療センター(附属家畜病院) >
08001学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4519

タイトル: バルーン拡張カテーテルにより緩和的尿路確保を行った前立腺癌の犬の1症例
著者: 田川, 道人
倉島, 千尋
山本, 悠平
新坊, 弦也
元尾, 空志
宮原, 和郎
キーワード: 
前立腺癌
バルーン拡張
発行日: 2017
出版者: 北海道獣医師会
誌名: 北海道獣医師会雑誌
巻: 61
号: 2
開始ページ: 36
終了ページ: 40
抄録: 11歳7カ月齢のミニチュア・ダックスフンド、去勢オスが血尿を主訴に近医を受診した。対症療法が実施されたものの、排便痛と前立腺腫大が認められ、帯広畜産大学動物医療センターを紹介受診した。X線検査および超音波検査にて前立腺および内腸骨リンパ節を含む複数のリンパ節の腫大が確認され、前立腺尿道部の細胞診にて臨床的に前立腺癌と診断された。ミトキサントロン、ピロキシカム、リン酸トセラニブ等による内科治療を行ったが反応に乏しく、腫瘍浸潤による尿路閉塞が認められた。食道用バルーン拡張カテーテルを用いて緩和的バルーン拡張術を実施し、26日間自力排尿が可能となった。その後急速に転移が進行し、本学受診後第174病日に自宅にて斃死した。
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4519
ISSN: 00183385
権利情報: 北海道獣医師会
出現コレクション:08001学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
1702_02.pdf1.4 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください