帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
050原虫病研究センター >
05001学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4511

タイトル: 盲導犬の人工繁殖
その他のタイトル: Reproductive bio-technology for the guide dog for the blind
著者: 鈴木, 宏志
キーワード: Guide dog
Artifical insemination
Embryo transfer
Recipient
Cryopreservation
イヌ
人工授精
移植
受容雌
凍結保存
発行日: 2009
出版者: 日本身体障害者補助犬学会
誌名: 日本補助犬科学研究
巻: 3
号: 1
開始ページ: 9
終了ページ: 16
抄録: Although guide dogs make a remarkable contribution to the quality of life of the blind people, many countries suffer from an acute shortage of guide dogs such that not all those who need them are able to be supplied. One of the important challenges from the point of view of animal and veterinary science as well as social welfare is to establish a stable and effective breeding and reproduction system for guide dogs for the blind. Although the development and extension of assisted reproductive techniques such as artificial insemination, embryo transfer and in vitro fertilization has been remarkable, in canines, it is not a successful as other mammalian spices such as mice, pigs, cows and humans. In this review, recent advances of cryopreservation of sperm, embryo and ovary, analysis of personality related genes and bio-bank in guide dogs for the blind are described.
 我が国における盲導犬の慢性的不足は、社会文化的背景を含め種々の要因が関与すると思われるが、育種・繁殖学的見地からは、その極めて特徴的な育成システムが盲導犬不足を助長する要因のひとつであると考えられる。すなわち、盲導犬は雌雄ともに避妊・去勢を受けた後に訓練を開始するために、優秀な盲導犬であってもその遺伝子を繁殖によって次世代に伝える術がない。この育成システムは、優秀な遺伝子を廃棄することに等しく、育種の概念に逆行するものと思われる。最近、この問題を克服すべく、生殖工学の応用による盲導犬の人工繁殖技術の開発、そして、その効果を最大限に発揮させるための、盲導犬のDNAレベルにおける適性評価系ならびに遺伝子資源バンクの構築が試みられている。
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4511
DOI: info:doi/10.3373/jssdr.3.9
ISSN: 18818978
権利情報: 日本身体障害者補助犬学会
出現コレクション:05001学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
3_9.pdf1.7 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください