帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00A畜産衛生学研究部門 >
00A01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4502

タイトル: ブランドイメージがローストビーフを用いた消費者型官能評価におよぼす影響
著者: 阿佐, 玲奈
本田, 三華
澤田, 直子
萩谷, 功一
口田, 圭吾
キーワード: ブランドイメージ
交雑種一産取り肥育牛
脂肪交雑
消費者型官能評価
発行日: 2016
出版者: 日本畜産学会
誌名: 日本畜産学会報
巻: 87
号: 4
開始ページ: 361
終了ページ: 366
抄録: 「十勝ハーブ牛」,「交雑牛」,「経産牛」および「北海道産牛肉」の異なるブランドイメージが消費者嗜好に及ぼす影響を調査することを目的として消費者型官能評価を行った.BMS2,3および4と評価された3頭の北海道産交雑種一産取り肥育牛のローストビーフについて,同一個体の2枚のサンプルを「十勝ハーブ牛と交雑牛(交雑牛区)」,「十勝ハーブ牛と経産牛(経産牛区)」および「十勝ハーブ牛と北海道産牛肉(北海道産牛肉区)」として供試した.217人を対象として2点嗜好法よる官能評価を実施した.全項目で十勝ハーブ牛が他の試験区に比べて支持され,ブランド名称あるいはブランドイメージが消費者パネルの嗜好性に影響を与えることが明らかとなった.旨みおよび好ましさ間でかなり高い正の相関が認められた(経産牛区r=0.67,交雑牛区r=0.73,北海道産牛肉区r=0.74,すべてP<0.01)ことから,本試験での旨みを五基本味の「うま味」とは異なった「おいしさ」と捉えたのではないかと考えられた.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4502
DOI: info:doi/10.2508/chikusan.87.361
ISSN: 1346907X
権利情報: 日本畜産学会
出現コレクション:00A01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
87_361.pdf287.17 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください