帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00B臨床獣医学研究部門 >
00B01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4391

タイトル: 胸椎椎体膿瘍により後躯麻痺を呈したホルスタイン種子牛の1症例
著者: 河野, 友美
菊地, 智景
鬼頭, 宗寛
堀内, 雅之
古林, 与志安
山田, 一孝
猪熊, 壽
HORIUCHI, Noriyuki
KOBAYASHI, Yoshiyasu
INOKUMA, Hisahi
キーワード: 子牛
X線検査
CT検査
後躯麻痺
椎体膿瘍
発行日: 2016
出版者: 北海道獣医師会
誌名: 北海道獣医師会雑誌
巻: 60
号: 11
開始ページ: 525-528
抄録: 3カ月齢のホルスタイン種雌子牛が後躯麻痺、起立不能、努力性呼吸を呈した。デキサメサゾン投与により一時的に自力起立が可能になったが、後躯蹌踉は改善しなかった。神経学的検査により後肢の反射亢進が認められ、第3胸椎(T3)~第3腰椎(L3)の脊髄病変を疑った。X線検査およびCT検査によりT5‐T6の椎体変形および椎体膿瘍形成が認められたので、生前診断に至った。病理解剖により、この胸椎腫瘤は椎間円盤と椎体を侵襲し、脊椎管内に突出して脊髄を圧迫していた。また肺にも膿瘍形成が認められたが、細菌検査では細菌が分離されなかったため、椎体膿瘍、肺膿瘍の関連性は不明であった。
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4391
ISSN: 0018-3385
権利情報: 北海道獣医師会
出現コレクション:00B01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
inokuma60(11),525-528,2016.pdf1.38 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください