帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00D畜産生命科学研究部門 >
00D03学術研究報告(紀要) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4381

タイトル: 屋外群飼育馬におけるグルーミング行動の特徴と人工芝マットの自己グルーミング用ブラシとしての利用可能性
その他のタイトル: Characteristics of grooming behavior of grouped horses and evaluation of availability of artificial turf mats as self-grooming brush for horses
著者: 齊藤, 朋子
今瀬, 麻衣
古村, 圭子
SAITO, TOmoko
FURUMURA, Keiko
キーワード: 
身繕い行動
グルーミング
自己グルーミング用ブラシ
発行日: 2016
出版者: 帯広畜産大学
誌名: 帯広畜産大学学術研究報告
Research bulletin of Obihiro University
巻: 37
開始ページ: 15-24
抄録: 屋外で群飼育されているウマのグルーミング行動を調査し、ウマのグルーミング行動の特徴を明らかにすることを目的とした。あわせて、安価で入手しやすい人工芝マットが、自己グルーミング用ブラシとしてウマに利用されるか、また、人工芝マットの設置によってグルーミング行動に変化が見られるか調査した。  帯広畜産大学の馬飼養施設において通年屋外で群飼育されている、5 頭のウマを対象とし、2014 年6 月から9 月に目視による直接観察にてグルーミング行動を記録した。9 月に人工芝マットを設置し、設置前後でのグルーミング行動を比較した。  グルーミング総回数および自己グルーミング回数と、平均気温の間に有意(p<0.01)な正の相関が見られた。グルーミング行動には個体差が見られ、すべての期間を通じて自己グルーミングが有意(p<0.05)に多い馬が見られた。自己グルーミングは胸や肩で多く見られ、物体を利用したグルーミングが頭で多く見られた。 人工芝マットを自己グルーミング用ブラシとして設置後、3 頭の馬で、人工芝マットを利用しないグルーミング回数が人工芝マットを利用するグルーミング回数より有意(p<0.01)に多かったが、他のウマでは有意な差はみられず、すべてのウマで人工芝マットを利用したグルーミングが観察された。このことから、ウマは人工芝マットを自己グルーミング用ブラシとしてある程度許容していたと考えられた。
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4381
ISSN: 1348-5261
権利情報: 帯広畜産大学
出現コレクション:00D03学術研究報告(紀要)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
37,15-24,2016.pdf4.57 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください