帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00E食品科学研究部門 >
00E01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4371

タイトル: Kluyveromyces marxianus KD-15 カタボライト抑制解除株を用いたチーズホエイを原料とする糖化同時発酵におけるエタノール生産量の改良
その他のタイトル: Improved ethanol production by cheese whey-based simultaneous saccharifying fermentation using  Kluyveromyces marxianus KD-15 released from catabolite repression
著者: 折笠, 善丈
佐藤, 遥子
大和田, 琢二
Orikasa, Yoshitake
Sato, Haruko
Ohwada, Takuji
発行日: 2016
出版者: 日本酪農科学会
誌名: ミルクサイエンス
巻: 65
号: 2
開始ページ: 81-88
抄録:  チーズホエイを原料に用いた焼酎製造法を検討するため,カタボライト抑制解除株 Kluyveromyces marxianus KD-15 を用いて,チーズホエイを加えた糖化同時発酵におけるエタノール生産量を改良した。Aspergillus luchuensis あるいは A. oryzae で作成された麹と酵母 3 株(K. marxianus NBRC1963(親株)と K. marxianus KD-15, Saccharomyces cerevisiae NBRC10515)を組み合わせ,培養混合物中の pH,グルコースとラクトース含量,α アミラーゼと糖化力,並びにエタノール含量を経時的に21日間測定した。その結果,K. marxianus KD-15はいずれの麹との組み合わせでもエタノール生産量が他の酵母株よりも有意に高く,A. luchuensis との組み合わせでは,親株,及び S. cerevisiae NBRC10515 より約30%向上した。α-アミラーゼ,および糖化力は培養とともに低下傾向を示したが,K. marxianus KD-15 はいずれの麹との組み合わせでもラクトース消費量が最も高かったことから,K. marxianus KD-15 による高いエタノール生産は,デンプン由来のグルコースよりもチーズホエイ由来のラクトース消費量の影響を受けると考えられた。以上の結果から,K. marxianus KD-15 はデンプン質の混合原料の存在下でも高いチーズホエイの資化とエタノール生成能を有し,チーズホエイを原料とした焼酎製造への有用性が示された。
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4371
ISSN: 2188-0700
1343-0289
出現コレクション:00E01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
owada65(2),81-88,2016.pdf1.01 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください