帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00B臨床獣医学研究部門 >
00B01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4367

タイトル: 牛白血病を疑った非牛白血病のホルスタイン種乳牛11症例の回顧的研究
その他のタイトル: Retrospective study of eleven Holstein dairy cows in which bovine leukosis was suspected but ruled out
著者: 猪熊, 壽
堀内, 雅之
古林, 与志安
INOKUMA, Hisashi
HORIUCHI, Noriyuki
KOBAYASHI, Yoshiyasu
キーワード: 牛白血病
鑑別診断
血清チミジンキナーゼ
LDH
LDHアイソザイム
発行日: 2015
出版者: 日本家畜臨床学会
誌名: 産業動物臨床医学雑誌
巻: 6
号: 1
開始ページ: 1-5
抄録: 臨床的に牛白血病を疑ったものの,牛白血病ではないと確定診断されたホルスタイン種乳牛11症例の臨床所見を回顧的に整理した.11症例は体表リンパ節腫大あるいは体腔内の腫瘤触知により牛白血病との鑑別診断が必要であったが,病理解剖により乳房炎,子宮蓄膿症,膿瘍,肺炎,腸炎またはアミロイド症と診断された.牛白血病ウイルス(Bovine leukemia virus: BLV)抗体陽性を呈した4頭のうち,リンパ球増多症を呈したものが2頭であった.またこれら2頭のうち1頭はリンパ節細胞診でも大型リンパ球優勢であった.しかし,血清チミジンキナーゼ(Tymidine kinase: TK),総乳酸脱水素酵素(Lactate dehydrogenase: LDH),LDHアイソザイム2および3の活性値は4頭とも基準値以内であり,牛白血病発症は否定的であった.BLV抗体陰性牛7頭のうち,リンパ節細胞診を実施した2頭は小型リンパ球優勢であり,また,リンパ球増多症を呈した症例はいなかった.1症例では血清TK活性値が基準値をわずかに超えており,また,他の2頭は総LDH,LDHアイソザイム2および3の活性値がいずれも基準値を超えていたが,他の検査項目は牛白血病について否定的であった.腫大リンパ節の細胞診,リンパ球数算定,血清TK,総LDH,LDHアイソザイム2および3の活性値測定といった牛白血病診断のための検査を複数実施することで,牛白血病を否定するための診断精度を高めることが可能と考えられた.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4367
ISSN: 2187-2805
1884-684X
権利情報: 日本家畜臨床学会
出現コレクション:00B01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
inokuma6(1),1-5,2015.pdf1.01 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください