帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00B臨床獣医学研究部門 >
00B01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4366

タイトル: 著しい浮腫が発現した慢性間質性腎炎のホルスタイン種育成牛の1症例
その他のタイトル: Chronic interstitial nephritis with edema in a Holstein heifer
著者: 髙橋, 英二
竹内, 俊彦
丸山, 亮介
古林, 与志安
猪熊, 壽
KOBAYASHI, Yoshiyasu
INOKUMA, Hisashi
キーワード: 慢性間質性腎炎
浮腫
ホルスタイン育成牛
発行日: 2015
出版者: 日本家畜臨床学会
抄録: 1歳4カ月齢のホルスタイン種育成牛が発育不良を主訴に受診した.当該牛は体高110cmで,著しい削痩を呈していた.臨床検査により,非再生性貧血,高窒素血症,高クレアチニン血症,高リン血症,低カルシウム血症,低比重尿および蛋白尿が認められ,慢性腎不全が疑われた.輸液により治療を試みたが,第15病日には下顎と胸垂の浮腫が発現し,第16病日に死亡した.病理学的検索の結果,糸球体病変を伴う慢性間質性腎炎と診断されたが,原因は不明であった.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4366
ISSN: 2187-2805
1884-684X
出現コレクション:00B01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
inokuma6(1),6-10,2015.pdf1.26 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください