帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00A畜産衛生学研究部門 >
00A01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4319

タイトル: UASB発酵法による乳牛糞尿搾汁液の処理効果
その他のタイトル: The Performance of UASB Reactor Treatment of Squeezed Dairy Manure
著者: 梅津, 一孝
大山, 卓英
岸本, 正
高橋, 潤一
松本, 奈美
濱本, 修
UMETSU, Kazutaka
KISHIMOTO, Tadashi
キーワード: UASB
上向流嫌気発酵法
乳牛糞尿
メタン発酵
COD負荷
発行日: 2004
出版者: 農業施設学会
抄録: 本研究はUASB (Upflow Anaerobic Sludge Blanket) 発酵法による搾汁乳牛糞尿の処理についてグラニュール量の異なる有効容積2000mLの発酵槽を2基用い, 発酵温度を35℃, 水理学的平均滞留時間を48時間, 投入COD負荷を1.35~2.62g/L/dayの条件でバイオガス生成およびCOD除去能力を検討した。バイオガス生成量は投入COD負荷の上昇に従い増加し, 投入COD負荷とバイオガス生成量は直線的関係にあることが明らかとなった。COD除去率は投入COD負荷を1.35g/L/dayに設定した1~12日目で最も高い値で推移した。その後COD除去率は投入COD負荷を上昇させるに従い, 徐々に減少した。グラニュール量を500mLとした発酵槽は250mLとした発酵槽に比べ, 常に高い性能を有した。またこれらの関係を Oleszkiewicz (1981) のモデルと Sanchez (1994) のモデルを用いて検討した。
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4319
ISSN: 2186-0122
0388-8517
出現コレクション:00A01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
umetsu35(1),1-8,2004.pdf814.82 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください