帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00A畜産衛生学研究部門 >
00A01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4318

タイトル: メタン発酵処理がバーティシリウム菌,メロンつる割れ病菌の生存に及ぼす影響
その他のタイトル: The Effect of Inactivation of Verticillium dahliae and Fusarium oxyporum f. sp. melonis under Anaerobic Digestion
著者: 瀧本, 淳徳
小池, 正徳
高橋, 潤一
梅津, 一孝
KOIKE, Masanori
UMETSU, Kazutaka
キーワード: バーティシリウム菌
メロンつる割れ病菌
乳牛ふん尿
メタン発酵
T90
発行日: 2006
出版者: 農業施設学会
誌名: 農業施設
巻: 37
号: 3
開始ページ: 133-138
抄録: 本研究は作物病原菌であるバーティシリウム菌とメロンつる割れ病菌のメタン発酵による死滅効果を明らかにすることを目的に発酵温度35℃と55℃で回分試験を行った。その結果, 微生物を90%死滅させるのに必要な時間T90は, バーティシリウム菌は35℃で7.7日, 55℃で0.6日となった。メロンつる割れ病菌は35℃で0.5日, 55℃では15分で死滅し, 共に55℃での死滅効果が高いことが明らかとなった。
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4318
ISSN: 2186-0122
0388-8517
権利情報: 農業施設学会
出現コレクション:00A01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
umetsu37(3),133-138,2006.pdf649.76 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください