帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00A畜産衛生学研究部門 >
00A01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4316

タイトル: ミルキングパーラ排水の磁化活性汚泥法による処理特性
その他のタイトル: Milking Parlour Wastewater Treatment by Magnetic Activated Sludge Process
著者: 迎, 春
梅津, 一孝
酒井, 保蔵
井原, 一高
山城, 隆樹
UMETSU, Kazutaka
キーワード: ミルキングパーラ排水
磁化活性汚泥法
活性汚泥法
フリーストール
発行日: 2009
出版者: 農業施設学会
誌名: 農業施設
巻: 39
号: 4
開始ページ: 243-248
抄録: 代表的な畜産廃水であるミルキングパーラ排水を対象に, 磁化活性汚泥法を応用した処理実験を行った。実験中には汚泥の引き抜き及び強磁性粉の再添加なしに, 150日間良好な処理を行うことが可能であった。排水の曝気槽内の滞留時間を3日, 2日, 1日になるように, CODcr容積負荷をそれぞれ527.7mg/l/dから852.0mg/l/d, 1541.9mg/l/dの3段階に分け実施した。実験期間中にCODcr除去率は平均93%を維持した。磁気力を用いた汚泥の高速分離により, 曝気槽中の汚泥濃度を高濃度に維持された。
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4316
ISSN: 2186-0122
0388-8517
権利情報: 農業施設学会
出現コレクション:00A01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
umetsu39(4),243-248,2009.pdf2.05 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください