帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00A畜産衛生学研究部門 >
00A01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4304

タイトル: モモ抜けおよびウチモモ内部の脂肪交雑度合いの調査
著者: 山下, 直樹
阿佐, 玲奈
山田, 一孝
大井, 幹記
口田, 圭吾
YAMADA, Kazutaka
KUCHIDA, Keigo
キーワード: ウチモモ
画像解析
黒毛和種
CT
モモ抜け
発行日: 2015
出版者: 日本畜産学会
抄録: 枝肉購買の際にウチモモの筋肉露出面(以下,オオモモ)の状態は重要視されている.第6〜7肋骨間横断面,サーロイン部分,オオモモにおける脂肪交雑程度の関連性およびオオモモの脂肪交雑程度とウチモモ内部全体の脂肪交雑程度の関連性を画像解析ならびにCT画像を用い調査した.材料には黒毛和種去勢牛20頭のロインブロック,ウチモモブロックを使用した.脂肪面積割合についてサーロインと第6〜7横断面ロース芯での相関係数はr=0.83と有意に高い相関を示した(P<0.01)が,オオモモとサーロインでの相関係数はr=0.46と中程度,第6〜7横断面ロース芯とオオモモでの相関係数はr=0.32と低く,有意性は認められなかった(P>0.05).脂肪面積割合のオオモモとウチモモ内部での相関係数は,ウチモモ1枚目において中程度(r=0.44)であったものの,その他の部位で相関係数は低かった.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4304
ISSN: 1880-8255
1346-907X
出現コレクション:00A01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kuchida86(4),515-519,2015.pdf711.33 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください