帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00A畜産衛生学研究部門 >
00A01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4303

タイトル: 牛枝肉における歩留補正に菱形筋を用いる妥当性の検討
著者: 山下, 直樹
阿佐, 玲奈
山田, 一孝
大井, 幹記
口田, 圭吾
YAMADA, Kazutaka
KUCHIDA, Keigo
キーワード: 黒毛和種
CT
菱形筋
歩留補正
牛枝肉格付
発行日: 2015
出版者: 日本畜産学会
抄録: 牛枝肉格付の歩留補正には菱形筋露出度が参考にされることがあり,その妥当性を検討するため,菱形筋面積の推移を調査した.材料には黒毛和種45頭の第6〜7横断面の高精細画像,第7肋骨頭側始端および第7肋骨尾側終端のCT画像を用い,各画像で菱形筋面積を算出した.その後,第6〜7横断面の菱形筋面積を第7肋骨始端の菱形筋面積で除すことで菱形筋面積の比率を算出した.菱形筋面積は第6〜7横断面から第7肋骨終端に向かうに連れて減少していた.さらに第7肋骨終端では全ての個体で菱形筋面積が10cm2以下まで縮小し,うち11個体では消滅していた.また,第6〜7横断面から第7肋骨始端までの距離が遠いほど菱形筋面積の比率も大きくなっており,切開位置が第7肋骨から遠いほど第6〜7横断面における菱形筋面積が大きい部分が露出していた.したがって切開位置によって露出度合いが異なる菱形筋を歩留補正に用いることは妥当ではないと考えられた.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4303
ISSN: 1880-8255
1346-907X
出現コレクション:00A01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kuchida86(4),511-514,2015.pdf567.73 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください