帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00B臨床獣医学研究部門 >
00B01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4278

タイトル: 左右房室の疣贅性心内膜炎を認めたホルスタイン種乳牛の1症例
著者: 上坂, 花鈴
藤田, 理公
水島, 仁人
堀内, 雅之
古林, 与志安
川本, 恵子
猪熊, 壽
HORIUCHI, Noriyuki
KOBAYASHI, Yoshiyasu
KAWAMOTO, Keiko
INOKUMA, Hisashi
キーワード: 疣贅性心内膜炎
三尖弁
僧帽弁
発行日: 2016
出版者: 北海道獣医師会
抄録: 3歳6カ月齢のホルスタイン種乳牛が、分娩2カ月後に食欲不振を主訴に受診した。第6病日には肺音粗励 と心音混濁が確認され、心内膜炎を疑った。第13病日の血液生化学検査では慢性炎症像が確認され、また心音 心電図解析の結果、Ⅰ音分裂と延長、および二峰性P波がみられた。さらに心臓超音波検査では、僧帽弁の疣 贅物と僧帽弁逆流、左心室と左心房の拡張が認められた。第16病日に実施された病理解剖では、僧帽弁に3× 2×2cm 大、三尖弁に3×1×1cm大の疣贅物がそれぞれ確認されたほか、腎梗塞および左肩と左膝の関節 炎がみられた。細菌学的検索では疣贅物、肺、腎臓、関節からは細菌が分離されず、心内膜炎とその他病変と の関係性を解明することができなかった。
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4278
ISSN: 0018-3385
出現コレクション:00B01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
60(3),1-4,2016.pdf565.91 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください