帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00D畜産生命科学研究部門 >
00D01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4260

タイトル: 交雑種一産取り肥育牛および交雑種未経産牛のローストビーフにおける消費者型官能評価
その他のタイトル: Study of consumer sensory evaluation between once-calved and non-calved crossbred heifers
著者: 阿佐, 玲奈
武藤, 美鈴
緒方, 三華
西尾, 康宏
口田, 圭吾
ASA, Reina
MUTO, Misuzu
OGATA, Mika
NISHIO, Yasuhiro
KUCHIDA, Keigo
キーワード: consumer sensory evaluation
crossbred
once-calved heifer
roast beef
発行日: 2015
出版者: 日本畜産学会
抄録: 交雑種一産取り肥育牛および交雑種未経産牛を用い,真空低温調理法によるローストビーフの消費者型官能評価を行い比較検討することを目的とした.交雑種一産肥育牛は妊娠期間を経て,約10ヵ月の肥育期間で,平均35ヵ月齢で屠畜した.交雑種未経産牛は受胎しなかったウシで,肥育期間9ヵ月以上,32ヵ月齢で屠畜した.官能評価は2点嗜好法で行い,肉質が同程度となるよう選抜した交雑種一産肥育牛および交雑種未経産牛を1セットとし,5セット実施した.枝肉格付形質および画像解析形質は,すべての形質で一産肥育牛および未経産牛間の有意差は認められなかった(P>0.05).評価項目は香り,軟らかさ,ジューシーさおよび好ましさで,項目ごとに4段階で評価した.交雑種未経産牛に比べて交雑種一産肥育牛で香り,軟らかさ,ジューシーさおよび好ましさの全形質において有意に高い値を示し(P<0.01),交雑種一産取り肥育牛が消費者からの高い評価を得た.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4260
ISSN: 1880-8255
1346-907X
出現コレクション:00D01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kuchida86(3),351-358,2015.pdf602.86 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください