帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00D畜産生命科学研究部門 >
00D01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4252

タイトル: バレイショデンプン粕を主体としたエコフィードサイレージ(EFS)給与が肥育後期豚の発育と肉質に及ぼす影響
著者: 劉, 永超
Badee, GHLAILAT
日髙, 智
HIDAKA, Satoshi
キーワード: バレイショデンプン粕
エコフィード
ブタ
肉質,
筋肉内脂肪酸組成
発行日: 2015
出版者: 日本畜産学会
抄録: バレイショデンプン粕を主体としたエコフィードサイレージ(EFS)の豚飼料への有効利用について検討した.平均体重72.8の同一父親去勢LW・D交雑去勢豚18頭を供試豚として用いた.市販配合飼料を給与する対照区と,バレイショデンプン粕を主体としたEFSを配合飼料に乾物の10%(10%EFS区)または20%(20%EFS区)代替混合した飼料を給与する計3試験区を設けた.体重が110kgを超えた時点で屠畜し,枝肉成績,肉質を調査した.飼料摂取量は対照区に比べ,20%EFS区が少なかった(P<0.05)が,日増体量に差は認められなかった.肉質と筋間脂肪の脂肪酸組成には処理間で差はなかったが,皮下脂肪の脂肪酸組成において,10%EFS区および20%EFS区のC14:0とC16:1割合は対照区より高く(P<0.05),10%区のC18:0割合は対照区より低い値を示した(P<0.05).以上の結果から,バレイショデンプン粕を主体としたEFSは,配合飼料の一部を代替できると考えられた.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4252
ISSN: 1880-8255
1346-907X
出現コレクション:00D01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
hidaka86(3),335-341,2015.pdf363.33 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください