帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00B臨床獣医学研究部門 >
00B01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4232

タイトル: 分子生物学的手法を用いStreptococcus canisによる感染性心内膜炎と診断した犬の1症例
その他のタイトル: Molecular Diagnosis of Infective Endocarditis Caused by Streptococcus canis in a Dog
著者: 田川, 道人
大橋, 英二
本村, 絹代
千葉, 史織
堀内, 雅之
三好, 雅史
猪熊, 壽
松本, 高太郎
TAGAWA, Michihito
OHASHI, Eiji
MOTOMURA, Kinuyo
CHIBA, Shiori
HORIUCHI, Noriyuki
MIYOSHI, Masahumi
INOKUMA, Hisashi
MATSUMOTO, Kotaro
キーワード: 心内膜炎
PCR
Streptococcus canis
発行日: 2015
出版者: 日本獣医師会
誌名: 日本獣医師会雑誌
巻: 68
号: 11
開始ページ: 703-707
抄録: 10歳の雄の雑種犬が,3週間前から持続する発熱及び元気消失を主訴に帯広畜産大学動物医療センターを受診した.心雑音及び心エコー検査において僧帽弁の疣贅物が確認され,抗生物質等により加療したが,第7病日より心不全の悪化を認め,第10病日に肺水腫により斃死した.病理解剖では,軽度の心拡大及び僧帽弁における多中心性疣贅物が認められた.血液培養検査では,Staphylococcus haemolyticusが検出されたが,疣贅物を用いたPCR検査ではStreptococcus canisと100%一致する塩基配列が得られた.血液培養分離菌はコンタミネーションであった可能性が高く,本症例の心内膜炎はStreptococcus canisによるものと考えられた.血液培養結果と実際の心内膜炎起因菌が異なる場合があることを考慮する必要がある.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4232
ISSN: 2186-0211
0446-6454
権利情報: 日本獣医師会
出現コレクション:00B01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
matsumoto68(11),703-707,2015.pdf819.65 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください