帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00E食品科学研究部門 >
00E03学術研究報告(紀要)  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4198

タイトル: 日本味噌2種と中国味噌(醤)3種の理化学特性及び抗酸化活性
その他のタイトル: Physicochemical characteristics and antioxidant activity of two types of Japanese miso and three types of Chinese miso (pastes)
著者: 呉, 珊
豊, 碩
小嶋, 道之
WU, Shan
FENG, Shuo
KOJIMA, Michiyuki
キーワード: 日本味噌
中国味噌
メラノイジン
粗ポリフェノール
DPPH消去活性
発行日: 2015
出版者: 帯広畜産大学
誌名: 帯広畜産大学学術研究報告
Research bulletin of Obihiro University
巻: 36
開始ページ: 29-36
抄録: 日本の伝統的な保存食品である米味噌と米麦味噌を各々1 種類,及び中国味噌である甜麺醤と2種類の大豆醤について,理化学特性及び機能性成分,抗酸化活性を測定した。米味噌は,明度が最も高かったが,メラノイジン量及びDPPH ラジカル消去活性は最も低かった。米麦味噌のポリフェノール量,メラノイジン量及びDPPH ラジカル消去活性は米味噌のそれらよりも高かった。甜麺醤の明度は最も低かったが,メラノイジン量,ポリフェノール量及びDPPH ラジカル消去活性は5 種類の中で最も高かった。今回使用した5 種類の味噌に含まれるメラノイジン量とDPPHラジカル消去活性との間には正の相関関係(r = 0.853)が認められた。またポリフェノール量とDPPH ラジカル消去活性との間にも正の相関関係(r = 0.668)が認められた。ポリフェノール量 がほぼ同程度である場合,メラノイジン量が高い味噌のDPPH ラジカル消去活性が高かった。これらの数値を用いた統計解析の結果は,メラノイジン及びポリフェノール類が日本味噌及び中国味噌共に共通に含まれる抗酸化活性に貢献する主成分であることを示唆している。また,明度とDPPH ラジカル消去活性との間には負の相関が認められた(r = -0.712) ことから,味噌の明度が味噌の抗酸化活性の簡易評価指標にできるかもしれない。
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4198
ISSN: 1348-5261
出現コレクション:00E03学術研究報告(紀要)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kojima36,29-36,2015.pdf2.37 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください