帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
070動物・食品衛生研究センター(大動物特殊疾病研究センター) >
07001学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4157

タイトル: アスペルギルス症におけるグリオトキシンの寄与
その他のタイトル: Contribution of gliotoxin to aspergillosis
著者: 豊留, 孝仁
TOYOTOME, Takahito
キーワード: aspergillosis
Aspergillus fumigatus
gliotoxin
secondary metabolite
発行日: 2015
出版者: 日本マイコトキシン学会
誌名: マイコトキシン
巻: 65
号: 2
開始ページ: 109-113
抄録: Aspergillus species (spp.) are medically important pathogens that cause aspergillosis, and A. fumigatus is the most prevalent causative agent of the disease. Aspergillus spp. produce various secondary metabolites; however, the role of these metabolites in aspergillosis remains unclear. Gliotoxin is a major secondary metabolite produced by A. fumigatus. Several recent studies have reported that gliotoxin contributes to the virulence of A. fumigatus. Here I review studies related to gliotoxin and its contribution to the infection caused by A. fumigatus.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4157
ISSN: 1881-0128
0285-1466
出現コレクション:07001学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
toyotome65(2),109-113,2015.pdf1.1 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください