帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00A畜産衛生学研究部門 >
00A01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4082

タイトル: 十勝若牛®を用いた枝肉の客観的評価値と消費者食味特性との関連性
その他のタイトル: Relationships between objective evaluation values of carcass and eating quality traits for Tokachi Wakaushi®
著者: 山本, 紫乃
伊藤, 信一
坪坂, 修二
脇坂, 巧
岡田, 繁
山口, 悠
前田, さくら
口田, 圭吾
KUCHIDA, Keigo
キーワード: eating quality
Holstein
image analysis
yearling beef
発行日: 2014
出版者: 日本畜産学会
誌名: 日本畜産学会報
巻: 85
号: 3
開始ページ: 315-320
抄録: ホルスタイン種若齢肥育牛である十勝若牛において,消費者による食味評価と枝肉の客観的評価値との関連性について調査した.画像解析形質(5形質),枝肉格付形質(4形質)およびMUFA割合を客観的評価値とした.食味試験は異なる(一部同じ)個体から得た十勝若牛14頭のロースまたはサーロインのステーキ肉を2点比較法により実施し,1,074の有効回答を得た.消費者の食味形質は,香り,柔らかさ,ジューシーさ,好ましさの4項目とした.客観的評価値と食味形質との関連性について,形質間の相関係数を算出した.食味形質間の相関係数は,香りと柔らかさ,香りと好ましさ以外で0.63から0.88と高い相関関係が得られた(P<0.05).また,客観的評価値と食味形質では,脂肪面積割合とジューシーさ(0.77),肉色の詳細評価値であるiBCSと柔らかさ(−0.70),月齢と柔らかさ(−0.66)などで中程度の相関が示された(P<0.01).以上より,十勝若牛では,脂肪面積割合,iBCS,月齢などが食味形質と関係しており,これらを用いることで,食味予測の可能性が示唆された.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4082
ISSN: 1880-8255
1346-907X
出現コレクション:00A01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kuchida85 (3),315-320,2014.pdf275.03 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください