帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00A畜産衛生学研究部門 >
00A01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4075

タイトル: 黒毛和牛種の脂肪交雑形状における消費者の意識調査
著者: 陰山, 麻由
加藤, 啓介
前田, さくら
口田, 圭吾
KAGEYAMA, Mayu
KATO, Keisuke
MAEDA, Sakura
KUCHIDA, Keigo
キーワード: Image analysis,
Japanese Black
Consumer research
Marbling shap
発行日: 2015
出版者: 肉用牛研究会
抄録: わが国では, BMSナンバーが牛枝肉の価格を決定する主要な要因であり,流通においても最も重要視されてい る項目の一つである。しかし,格付において評価の高い枝肉が,消費者の求めるものと本当に一致しているか定 かでない。また,消費者は肉を購入する際にどのような見た目を好み選んでいるのかという報告は少ない。そこ で本研究は画像解析手法を用いて,消費者が牛肉を購入する際の判断材料である“見た目"において,どのような 脂肪交雑の形状が消費者に好まれるのか調査することを目的としてアンケート調査を行った。 アンケートでは,高校生およびその保護者を対象に, BMS5, BMS7およびBMS9の区分ごとに脂肪交雑の形状 が異なる画像4枚を提示し,好みの1債を回答してもらった。 全てのBMS区分において新細かさ指数の高い画像が上位に選択される割合が高かった。あまり霜降りを好まな いと回答した被験者は,すべての区分で,最もあらい脂肪交雑を持つ画像を敬遠する傾向が見られ,その画像の 平均順位は最も低い結果となった。 脂肪交雑の形状に重点をおいた今回の調査では,消費者は細かい脂肪交雑の見た目を好み,あらい脂肪交雑は 好まれないことが分かった。
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4075
ISSN: 0386-8419
出現コレクション:00A01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kuchida98,4-8,2015.pdf2.2 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください