帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00F地域環境学研究部門 >
00F01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4072

タイトル: 高い材料水分が堆肥温度および微生物活性に及ぼす影響
その他のタイトル: Effect of High Moisture Content on Temperature and Microbial Activity of Composting Dairy Cattle Manure
著者: 宮竹, 史仁
岩渕, 和則
阿部, 佳之
本田, 善文
MIYATAKE, Fumihito
キーワード: 堆肥化
高水分
微生物活性
温度
乳牛ふん
発行日: 2007
出版者: 農業機械学会
誌名: 農業機械学会誌
巻: 69
号: 2
開始ページ: 48-54
抄録: 高い材料水分が乳牛ふん堆肥化反応に及ぼす影響を明らかにするために, 堆肥化が可能な材料水分の上限について検討した。堆肥化の初期過程では, 中温性および高温性微生物は37~74%材料で活性化された。76%以上の高水分材料においても50℃以上まで昇温が可能であった。加えて, 堆肥化微生物の比増殖速度は80%以上の高水分材料中でも高く維持され, 乳牛ふんにおいては堆肥材料の水分調整を必要としない堆肥化の可能性を示唆した。
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4072
ISSN: 1884-6025
0285-2543
権利情報: 農業機械学会
出現コレクション:00F01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
miyatake69(2),48-54, 2007.pdf1.04 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください