帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00B臨床獣医学研究部門 >
00B01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4008

タイトル: 心内膜炎の併発がみられた心室中隔欠損のホルスタイン種成乳牛の1症例
著者: 岩上, 慎哉
新谷, 紗代
髙橋, 英二
松本, 高太郎
古岡, 秀文
猪熊, 壽
MATSUMOTO, Kotaro
FURUOKA, Hidefumi
INOKUMA, Hisashi
キーワード: 心内膜炎
心室中隔欠損
ホルスタイン
発行日: 2014
誌名: 北海道獣医師会雑誌
巻: 58
号: 4
開始ページ: 1-4
抄録: 心室中隔欠損とは胎生期に中隔の形成過程が障害され る先天性心奇形である[1、5-7]。牛では最も多く見られる 心奇形で、臨床症状は欠損孔の大きさと位置により様々 であり、一般的には発育不良やチアノーゼを呈するが、 軽度なものでは無症状のまま成長する場合もある[1、5-7]。 一方、心内膜炎は弁膜表面に細菌が付着して炎症性変化 が起こる疾患であり、牛では、ほとんどが疣贅性で、特 に三尖弁と肺動脈弁に生じやすいとされている[2-4、6、7]。 今回、肺動脈弁と三尖弁に心内膜炎を併発した心室中隔 欠損のホルスタイン種成乳牛の1症例に遭遇したので、 その概要を報告する。
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/4008
ISSN: 0018-3385
権利情報: 北海道獣医師会
出現コレクション:00B01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
inokuma58(4),1-4,2014.pdf397.92 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください