帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00E食品科学研究部門 >
00E03学術研究報告(紀要) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3998

タイトル: 凍土利用貯蔵が小豆,大豆,金時豆の種皮,およびその貯蔵小豆から調製したこし餡の色彩色差に及ぼす影響
その他のタイトル: Effect of storage in frozen soil condition on the color difference of seed coat of adzuki beans, soybean, red kidney beans and its consequence to adzuki smooth bean paste
著者: 豊, 碩
呉, 珊
小嶋, 道之
FENG, Shuo
WU, Shan
KOJIMA, Michiyuki
キーワード: 凍土利用貯蔵
豆類
こし餡
色差
色相角度
frozen soil
beans
smooth bean paste
color difference
hue angle
発行日: Nov-2014
出版者: 帯広畜産大学
引用: 帯大研報
誌名: 帯広畜産大学学術研究報告
Research bulletin of Obihiro University
巻: 35
開始ページ: 25-31
抄録: 北海道の代表的農産物である小豆,大豆,金時豆を通年温度 7.1 ± 3.4℃である凍土利用貯蔵庫で 6ヶ月間および15ヶ月間貯蔵した時の種皮色に及ぼす影響および貯蔵した小豆から調製したこし餡色への影響について,冷凍貯蔵(-18.9 ± 1.6℃)及び室温貯蔵(24.9 ± 0.1℃)した ものとの相違を明らかにすることを目的とした。紙袋および密封袋で6ヶ月および15ヶ月間貯蔵した小豆種皮の色の明度(L* 値)および彩度(C* 値)は,いずれの貯蔵条件においても貯蔵期間の長さに比例して低下したが,大豆および金時豆のそれらは貯蔵期間の長さに比例して上昇し た。15ヶ月間室温貯蔵した小豆の種皮色の色差は1.95(紙袋)および2.02(密封袋),凍土利用貯蔵したそれらは 1.48(紙袋)および0.95(密封袋),冷凍貯蔵したそれらは0.96(紙袋)および 0.93(密封袋)であった。6ヶ月および15ヶ月間凍土利用貯蔵した小豆から調製したこし餡 の色の明度(L* 値)および彩度(C* 値)は,貯蔵小豆の種皮色のそれらの値と同じ傾向を示し,貯蔵期間の長さに比例して低下した。15ヶ月間室温貯蔵した小豆から調製したこし餡の色差は7.54(紙袋)および7.05(密封袋)であり,凍土利用貯蔵した小豆から調製したそれらは7.27(紙袋)および 4.33(密封袋),冷凍貯蔵した小豆から調製したそれらは7.65(紙袋)および3.46(密封袋)であった。これらのことから,豆類の貯蔵は密封袋がよく,密封袋で凍土利用貯蔵を行うことで,種皮色の色差に及ぼす影響は殆どわずかで,またこし餡の色差に及ぼす影響も低いことが示された。
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3998
ISSN: 1348-5261
権利情報: 帯広畜産大学
出現コレクション:00E03学術研究報告(紀要)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
35,25-31,2014.pdf3.83 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください