帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00A畜産衛生学研究部門 >
00A01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3932

タイトル: 北海道産黒毛和種の死産に対する表型的要因および近交係数の影響
その他のタイトル: Effects of phenotypic factors and inbreeding for stillbirth of Japanese Black Cattle in Hokkaido
著者: 前田, さくら
古川, 勇一
米川, 武
口田, 圭吾
KUCHIDA, Keigo
キーワード: inbreeding coefficient
Japanese Black cattle
stillbirth
発行日: 2014
出版者: 日本畜産学会
誌名: 日本畜産学会報
巻: 85
号: 1
開始ページ: 27-32
抄録: 黒毛和種の死産に影響を与える要因の調査を目的として,産子の近交係数やその他の環境要因が死産に影響を与えているか調査した.2009年1月から2012年2月までの北海道池田町における分娩記録2,878頭を用いて,ロジスティック回帰分析を行った.調査の結果,死産の平均発生率は2.12%と低い値であることがわかった.また双子分娩,産次,妊娠期間,近交係数が死産に影響を与えていた.特に,双子分娩では,単子分娩と比較した際のオッズ比が10.66と高い値を示し,死産に強く影響していると推察された.産次数では,3-4産目のクラスで死産のリスクが低かった(初産と比較した際のオッズ比0.28).妊娠期間については,平均妊娠期間(289日)よりも11日以上妊娠期間が短いまたは長い時に死産のリスクが高くなった.また,産子の近交係数は15%以上になると死産のリスクが高くなることから,近交係数が15%以下となるような交配が望ましいと思われた.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3932
ISSN: 1880-8255
1346-907X
出現コレクション:00A01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kuchida85(1).27-32.2014.pdf294.16 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください