帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00B臨床獣医学研究部門 >
00B01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3833

タイトル: 冷性浮腫のみられなかったアミロイドーシスの乳牛の1症例
著者: 松田, 浩典
村上, 智亮
鮎川, 悠
古林, 与志安
猪熊, 壽
発行日: 2013
出版者: 北海道獣医師会
抄録: 6歳1カ月齢のホルスタイン種乳牛が乳房炎発症後、水様性下痢、発熱(40.3℃)および乳量の急減を呈した。全身の冷性浮腫は認められなかったが、高度蛋白尿の排泄、血清総蛋白質とアルブミン濃度の低値、および蛋白電気泳動像にて先鋭なαグロブリン分画が認められ、アミロイドーシスが疑われた。腎生検組織の病理組織学的検索により、アミロイドーシスと確定診断された。病理解剖でも皮下水腫はみられず、腸間膜および第四胃幽門部粘膜にのみ水腫が認められた。
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3833
ISSN: 0018-3385
出現コレクション:00B01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
155.pdf326.02 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください