帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00F地域環境学研究部門 >
00F03学術研究報告(紀要) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3814

タイトル: 稲発酵粗飼料導入失敗事例の被害実態と経済損失額の推計
その他のタイトル: Realizing and Estimating of Damage Situation at the Failed Case of Introduction of Rice Whole-Crop Silage
著者: 西澤, 成寿
窪田, さと子
志賀, 永一
NISHIZAWA, Naruhisa
KUBOTA, Satoko
SHIGA, Eiichi
キーワード: 稲発酵粗飼料
費用対効果
経済損失
酪農場
Rice Whole-Crop Silage
cost and benefit
economic loss
dairy farm
発行日: Nov-2013
出版者: 帯広畜産大学
引用: 帯大研報
誌名: 帯広畜産大学学術研究報告
Research bulletin of Obihiro University
巻: 34
開始ページ: 26-34
抄録: 稲発酵粗飼料(以下,稲WCS)は,国内飼料自給率の向上や休耕田の解消といった利点があり,今後のわが国の農業の発展において期待されている.一方で乳量低下・疾病増加など稲WCSの品質が原因と考えられる負の影響について一部の導入農家から声が挙がっている.そこで本研究では,稲WCSを導入後乳量低下などが生じた酪農家を対象として調査を行い,月別の乳量・体細胞数の推移をみるとともに,稲WCS導入後の損失額の算出を試みた.調査の結果,搾乳牛中に“稲WCS給与牛”の割合が増加するにつれて,乳量の減少・体細胞数の増加がみられた.乳量の減少に伴う農家の損失額は年間で搾乳牛1頭当たり22〜37万円程度になった. Rice Whole-Crop Silage (RWCS) has some benefits such as the improvement of domestic self-sufficiency feed rate and the solution of fallow fields, and it has expected to be contributing to the development of Japanese agriculture in the future. On the other hand, the farmer who had introduced the RWCS considered that the RWCS causes negative effects; a decreasing in milk yield and an increasing in disease of cow. In this study, we researched on one dairy farm which had introduced the RWCS, and estimated the changes for milk yield and somatic cell by month and simulated the amount of economic loss. As the result of research, when the rate of "cows fed RWCS" was increased, the milk yield was decreased and the somatic cell count was increased. The economic loss due to the decrease in milk yield was calculatedas 220~370 thousand yen per a milking cow per a year.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3814
ISSN: 13485261
権利情報: 帯広畜産大学
出現コレクション:00F03学術研究報告(紀要)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
shiga.pdf1.99 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください