帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00E食品科学研究部門 >
00E03学術研究報告(紀要)  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3811

タイトル: ゴールデンベリーの機能性成分含量および抗酸化活性
その他のタイトル: The functional component and antioxidant capacity of golden berry
著者: 堀川, 実加
小嶋, 道之
Horikawa, Mika
Kojima, Michiyuki
キーワード: Physalis peruviana L.
ゴールデンベリー
登熟
イノシトール
ビタミンE
Golden berry
Ripening
Inositol
Vitamin E
発行日: Nov-2013
出版者: 帯広畜産大学
引用: 帯大研報
抄録: ゴールデンベリーに含まれるイノシトールおよびビタミンEの含量は黄色や赤色ミニトマトのそれらよりも高かった。また、ゴールデンベリーのビタミンC含量は、赤色ミニトマトのそれよりも高く、還元力も高かった。ゴールデンベリー果実の登熟に従い、総クロロフィル量は減少したが、総カロテン、イノシトール、ビタミンEなど他の成分含量はすべて増加し、還元力や抗酸化活性も増大した。ゴールデンベリーの特徴的成分であるイノシトール量およびビタミンE量と 果実のa*値(赤味度)との間には、高い正の相関が認められた。これらの結果は、ゴールデンベリー果実のa*値は、登熟過程におけるこれらの成分量を推測する指標になることを示唆している。 The content of inositol and vitamin E included in Golden berry was higher than them of yellow and red mini-tomato. Also, vitamin C content and reduction activity of Golden berry were higher than that of red mini tomato. Quantity of total chlorophyll decreased Golden berry as ripening up, however other ingredient contents such as total carotene, inositol, vitamin E, reduction activity and antioxidant activity increased. Multiple correlation between inositol and a* values (redness), also vitamin E and a* values show high positive correlation. Thus, a* values of Golden berry becomes the index to suppose ingredient amount of inositol and vitamin E which are the characteristic ingredients in the ripening process.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3811
ISSN: 13485261
出現コレクション:00E03学術研究報告(紀要)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kojima.pdf1.2 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください