帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00F地域環境学研究部門 >
00F01学術雑誌論文  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3577

タイトル: 黒ボク土畑土壌における無機態窒素量とリン酸緩衝液抽出窒素量の違いが化学肥料由来窒素の利用率に与える影響
その他のタイトル: Effects of Different Amounts of Inorganic Nitrogen and Phosphate Buffer Extractable Nitrogen on Nitrogen Use Efficiency in Cultivated Andosols
著者: 加藤, 拓
池羽, 正晴
谷, 昌幸
KATO, Taku
IKEBA, Masaharu
TANI, Masayuki
キーワード: 黒ボク土
15Nトレーサー法
窒素利用率
土壌診断
畑土壌
Andosols
nitrogen use efficiency
15N tracer techniques
soil diagnosis
upland field
発行日: 2011
出版者: 日本農作業学会
抄録: 本研究では,黒ボク土畑土壌において施肥窒素の利用率が無機態窒素量および易分解性有機態窒素量の違いに関連してどのように変動するかについて,15Nトレーサー法を用いて定量的に明らかにすることを目的とした.試験作物はハクサイおよびニンジンとした.ハクサイは施肥15N量と15N吸収量に正の相関を示したが,ニンジンにはその傾向は認められなかった.また,ハクサイおよびニンジンの施肥窒素吸収量に対する栽培前無機態窒素量およびリン酸緩衝液抽出窒素量の影響は認められなかった.化学肥料由来の窒素利用率は,ハクサイで53-88%,ニンジンで4-57%であり,その変動幅は著しく大きかった.各作物の15N利用率と栽培前土壌中の無機態窒素量およびリン酸緩衝液抽出窒素にも関係性が認められなかった.つまり,無機態窒素量および易分解性有機態窒素量の指標として使われているリン酸緩衝液抽出窒素量は,化学肥料由来の窒素吸収量を反映しないことが示された.以上のことから,本研究において化学肥料利用率の変動を予測するのに対し,黒ボク土畑におけるハクサイとニンジンの秋作では栽培前土壌中の無機態窒素量およびリン酸緩衝液抽出窒素量が指標とならないことが明らかとなった.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3577
ISSN: 1883-2261
0389-1763
出現コレクション:00F01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
49.pdf936.39 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください