帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00D畜産生命科学研究部門 >
00D01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3563

タイトル: 丹沢山地におけるニホンモモンガPteromys momongaの営巣木の特徴
その他のタイトル: Nest site characteristics of Pteromys momonga in the Tanzawa Mountains
著者: 鈴木, 圭
嶌本, 樹
滝澤, 洋子
上開地, 広美
安藤, 元一
柳川, 久
Suzuki, Kei
Shimamoto, Tatsuki
Takizawa, Yoko
Kamigaichi, Hiromi
Ando, Motokazu
Yanagawa, Hisashi
キーワード: Japanese flying squirrel
Pteromys momonga
nest site
tree cavity
the Tanzawa Mountains
発行日: 2011
出版者: 日本哺乳類学会
抄録: 本研究はニホンモモンガPteromys momongaの生息に必須な資源であると考えられる樹洞について,スギCryptomeria japonicaやヒノキChamaecyparis obtusaの利用実態を明らかにすることを目的とした.本種の営巣確認を2005年3月から2010年4月の間に神奈川県丹沢山地の針広混交林で行った.その結果,ニホンモモンガの営巣は広葉樹の樹洞木20本のうち1本,針葉樹の樹洞木23本(スギ21本,ヒノキ2本)のうち8本で確認され,営巣のために針葉樹の樹洞木を多く利用していることが明らかになった.また針葉樹の営巣木はすべてスギであった.スギ・ヒノキにおける営巣木の樹高,胸高直径および樹洞の高さはそれぞれ25.6±3.7(平均±SD)m,50.3±11.2 cmおよび6.2±0.6 mで,営巣が確認されなかった樹洞木との間に有意差は認められなかった.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3563
ISSN: 1881-526X
0385-437X
出現コレクション:00D01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
65.pdf371.49 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください