帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00B臨床獣医学研究部門 >
00B01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3555

タイトル: 慢性子宮内膜炎を呈したホルスタイン種雌牛にみられた牛白血病の1症例
その他のタイトル: A Case of Bovine Leukosis with Chronic Endometritis in a Holstein Cow
著者: 竹内, 俊彦
吉本, 薫
駒形, 真
福中, 守人
古林, 与志安
松本, 高太郎
猪熊, 壽
TAKEUCHI, Toshihiko
YOSHIMOTO, Kaoru
KOMAGATA, Makoto
FUKUNAKA, Morito
KOBAYASHI, Yoshiyasu
MATSUMOTO, Kotaro
INOKUMA, Hisashi
キーワード: 牛白血病ウイルス
慢性子宮内膜炎
地方病性牛白血病
bovine leukosis virus
chronic endometritis
enzootic bovine leukosis
発行日: 2011
出版者: 日本獣医師会
誌名: 日本獣医師会雑誌
巻: 64
号: 9
開始ページ: 708-711
抄録: 5歳5カ月齢のホルスタイン種雌牛が,発熱,食欲不振及び胎盤停滞を呈した.悪露排出及び子宮の腫脹は治療で改善がみられなかった.体表リンパ節の腫大はみられなかったが,直腸検査で子宮の硬結を認めたため,牛白血病を疑った.病理解剖では腹腔内リンパ節の腫大,胃漿膜面の腫瘤形成及び子宮壁の肥厚が認められた.また,組織所見ではこれら組織へのリンパ球様腫瘍細胞の浸潤が認められた.腫瘍細胞はB細胞マーカー陽性であった.牛白血病ウイルス(BLV)抗体は陰性であったが,末梢血のBLVプロウイルス検査では陽性が確認され,本症例におけるBLVの関与が示唆された. A 5-year-5-month old Holstein cow was presented with fever, anorexia, and retained placenta. Postnatal vaginal discharge and enlargement of the uterus did not improve after treatment. Although the superficial lymph nodes were not enlarged, enzootic bovine leukosis was suspected because of the enlarged and indurated uterus. An autopsy revealed enlargement of most abdominal lymph nodes, tumor mass formation on the omasum and abomasum, and thickening of the uterine wall. Histologically, there were lymphocyte-like cell infiltrates in the microscopically visible lesions. The tumor cells were immunohistochemically demonstrated to be Bhcells origin. Although antibody against bovine leukosis virus (BLV) was negative, BLV provirus was detected from the peripheral blood. The findings suggested that BLV infection may be related to leukosis in the present case.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3555
ISSN: 04466454
権利情報: 日本獣医師会
出現コレクション:00B01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
708.pdf426.41 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください