帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00B臨床獣医学研究部門 >
00B01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3546

タイトル: 胸腔内膿瘍により慢性鼓脹症を呈したホルスタイン種乳牛の1症例
著者: 藤澤, 哲郎
髙橋, 一彰
大林, 哲
松本, 高太郎
古林, 与志安
猪熊, 壽
発行日: 2011
出版者: 北海道獣医師会
抄録: 慢性鼓脹症を呈する3歳5カ月齢のホルスタイン種乳牛で、左腹部上部と右腹部下部の膨満およびペースト状軟便所見から迷走神経性消化不良を疑った。第一胃内ガス抜気のため経鼻胃カテーテルを挿入したが抵抗は無く、食道狭窄の可能性は低いと考えた。しかし、病理解剖において胸腔内膿瘍による食道狭窄と診断され、これにより慢性鼓脹が生じたと考えられた。
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3546
ISSN: 0018-3385
出現コレクション:00B01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
507.pdf253.72 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください