帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00A畜産衛生学研究部門 >
00A03学術研究報告(紀要) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3533

タイトル: 福島県産野菜に対する購買行動の分析 : 帯広畜産大学の大学生を対象として
その他のタイトル: Buying behavior of Fukushima spinach : Case of students at Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine
著者: 齋藤, 陽子
松本, 実桜
河田, 幸視
Saito, Yoko
Matsumoto, Mio
Kawata, Yukichika
キーワード: 放射能検査
食品選択
福島県産農産物
発行日: Oct-2012
出版者: 帯広畜産大学
引用: 帯大研報
誌名: 帯広畜産大学学術研究報告
Research bulletin of Obihiro University
巻: 33
開始ページ: 10-18
抄録: 先の東日本大震災とそれに続く原子力発電所の事故により、福島県とその近隣県では農産物の出荷制限および自主的な出荷規制が続いた。関係者による農産物の放射能検査が継続され、徐々に数値も下がりつつあるが、出荷再開後も市場では価格が低く抑えられるなど、福島県産農産物を回避する傾向がみられる。そこで、大学生を対象に福島県産ホウレンソウの購買行動を分析し、放射能検査の実施が購買意欲の回復にどの程度貢献するのかを明らかにした。結果は放射能検査 の有効性を示すものであった。さらに、被災県出身者は、他県出身者に比べて購入意思が高く、被災地支援の意向の強さを反映したものといえる。したがって、放射能検査により安全を確保するとともに、農産物の購入を通じた被災地支援や、復興状況に関する情報提供が福島県農業の復興につながる。 Great East Japan Earthquake and its nuclear disaster brought Fukushima farmers shipping restriction of agricultural products. Even though radioactivity rate detected by the products have been decreased, and shipping restriction has been cancelled, price of fukushima spinach is still lower than the normal year. In this paper, we have conducted research on buying behavior of the students of Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine toward Fukushima agricultural product, namely spinach. The result indicates that the radioactivity inspection has restored the buying intention. And students from the damaged prefectures showed higher intention to buy the fukushima spinach. Therefore, it is important to indicate the inspection result as well as create the support system of fukushima agriculture through product consumption.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3533
ISSN: 13485261
権利情報: 帯広畜産大学
出現コレクション:00A03学術研究報告(紀要)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
saito.pdf1.55 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください