帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00A畜産衛生学研究部門 >
00A03学術研究報告(紀要) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3532

タイトル: 出産時期の選択は経済合理的か? : ペアレントノミクスを用いた日本の事例の検証
その他のタイトル: Is there any economic rationality in childbearing? : A parentonomics approach for the Japanese case
著者: 河田, 幸視
齋藤, 陽子
Kawata, Yukichika
Saito, Yoko
キーワード: 出産時刻のシフト
出産育児一時金
経済合理性
change of delivery times and dates
lump-sum allowances for childbirth and nursing
economic rationality
発行日: Oct-2012
出版者: 帯広畜産大学
引用: 帯大研報
誌名: 帯広畜産大学学術研究報告
Research bulletin of Obihiro University
巻: 33
開始ページ: 100-115
抄録: 近年、出産日が経済的インセンティブに基づいて変更されているという報告が、海外でなされている。そこで本稿は、平成11〜22年の1時間ごとの日本全体の出生数のデータを用いて、出産時刻や出産日が人為的に変更されているかを実証的に分析した。その結果、日常的に大幅な出産時刻の調整がなされ、それは帝王切開および陣痛促進剤の使用でほぼ説明ができることを示した。現状を勘案すると、これらは、妊婦側の要望による調整ではなく、必要に応じた調整であり、 その多くは医師の側が主体となって決定されたものと推察される。また、日本では出産育児一時金の増額が繰り返されているが、増額の前後では出産数の変化は統計的に有意な形では確認できなかった。以上から、日本においては、経済インセンティブによって出産時刻や出産日が調整されているという十分な証拠はないと考えられる。 Some existing studies overseas have pointed out that delivery dates are intentionally changed on the basis of economic incentives. This paper, therefore, empirically examines whether delivery times and dates are intentionally changed using hourly data of the number of deliveries between 1999 and 2010 in Japan. The results suggest that delivery time is largely biased in the daytime; furthermore, most of these changes can be explained by the application of the Caesarean operation and use of ecbolic. Considering the current severe conditions in maternity hospitals, most of these changes in delivery time seem to have occurred not because pregnant women preferred it but because gynecologists selected times more convenient. Lump-sum allowances for childbirth and nursing have increased several times recently, but we cannot detect statistically significant differences in the number of deliveries before and after the increases. Thus, we conclude that there is insufficient evidence that delivery times and dates are changed intentionally on the basis of economic incentives in Japan.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3532
ISSN: 13485261
権利情報: 帯広畜産大学
出現コレクション:00A03学術研究報告(紀要)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
kawata.pdf1.47 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください