帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00A畜産衛生学研究部門 >
00A04研究報告書  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3281

タイトル: 個別畜産経営体による家畜衛生管理選択行動と経済性の評価
その他のタイトル: Economic Evaluation of Animal Hygiene Management Behavior by lndividual Livestock Manager
著者: 窪田, さと子
KUBOTA, SATOKO
キーワード: 食の安全
畜産衛生
発行日: 11-Jun-2012
出版者: 帯広畜産大学
シリーズ番号/レポート番号: 2010年~2011年科学研究費補助金若手研究(B)研究成果報告書
22780197
抄録: 飼養衛生管理基準の実施程度の違いは,個々人のリスクを認知する過程に違いがあることが一因であると仮定し,情報処理過程に分析型と直観型の2つが存在するという二重プロセス理論を用いて分析を行った. 結果から,分析型傾向にある畜産農家の方が感染症に対するリスク認知が高く,飼養衛生管理もより的確に実行されていた. また,これらは乳質の向上にもつながっていることが明らかとなった. It can be hypothesized that the difference of “the process of acknowledging individual's risk" is one of the reasons regarding the difference of the observance level of the Standards of Rearing Hygiene Management (SRHM). To test this hypothesis,the analysis was carried out by dual process theory which two types exist in information processing; intuitive type and analytical type. The result was showing the farm who belong to “process information analytically" were more aware of risks than their more intuitive counterparts. They also exhibited greater compliance with the SRHM. Moreover,it was clarified that these leading to the quality of milk.
記述: 2010年~2011年科学研究費補助金若手研究(B)研究成果報告書22780197
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3281
出現コレクション:00A04研究報告書

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
22780197seika.pdf.pdf366.33 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください