帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00F地域環境学研究部門 >
00F04研究報告書  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3278

タイトル: ベイズ型統計モデルに基づく経済成長の要因分析法の開発とその応用
その他のタイトル: Development of Methods for Analyzing the Factors in Economic Growth via Bayesian Statistical Models and Applications
著者: 姜, 興起
KYO, KOKI
キーワード: ベイズモデル
平滑化事前分布
経済時系列分析
経済成長
動的生産関数
発行日: 31-May-2012
出版者: 帯広畜産大学
シリーズ番号/レポート番号: 2009年~2011年科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書
21530193
抄録: ベイズ型平滑化事前分布のアプローチを用いて、時変構造を持つ生産関数モデルの構築とパラメータ推定の方法を提案した。また、開発した方法を日本、米国、中国、韓国、台湾のデータに適用し、経済成長の要因分析を行った。本研究の新規提案法は、経済成長の実証分析において非常に有望なアプローチといえる。その主な特徴は、モデルにおける全要素生産性(TFP)および産出の要素弾力性の時間的変化パターンを厳密に推定できることである。 We constructed production function models with time-varying structure and developed methods for parameter estimation based on a Bayesian smoothness priors approach. The Bayesian models are applied to data for Japan,US,China,South Korea and Taiwan. Our proposed methods can be applied widely as a promising approach for empirical analyses of economic growth. The main feature is that time-varying total factor productivity (TFP) and time-varying elasticities of output with respect to factors of production can be estimated accurately
記述: 2009年~2011年科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書21530193
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3278
出現コレクション:00F04研究報告書

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
21530193seika.pdf.pdf301.09 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください