帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
070動物・食品衛生研究センター(大動物特殊疾病研究センター) >
07004研究報告書 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3277

タイトル: ABO式血液型をヒト型にリモデリングしたクローン豚を用いた免疫寛容誘導法の開発
その他のタイトル: Development of tolerance induction method using clone pigs remodeled for expressing human ABO blood group antigen
著者: 小川, 晴子
OGAWA, HARUKO
キーワード: クローン家畜
核移植
移植
拒絶反応
免疫寛容
ABO式血液型抗原
発行日: 7-Jun-2012
出版者: 帯広畜産大学
シリーズ番号/レポート番号: 2009年~2011年科学研究費補助金基盤研究(B)研究成果報告書
21380168
抄録: 本研究は、核移植によりABO式血液型をヒト型に改変したクローン豚を作出し、それを用いてABO不適合移植の拒絶反応を制御するための新たな免疫寛容誘導法を確立する事を目的としている。その豚の作出に必用な2種類の糖転移酵素遺伝子のうちの1つを導入したクローン豚をまず作出し、次にそのブタの体細胞に2つ目の遺伝子を導入した。得られた細胞を用いた核移植によってヒトのA型を発現するブタを作出したが、生後の生育及び組織への発現に改善が求められるため、遺伝子導入法等を改変して検討している。 This study aims to generate transgenic pigs expressing human ABO blood group antigens by using nuclear transfer method, and utilize the pigs to develop a novel tolerance induction method to control the rejection in ABO-incompatible transplantation. First, transgenic pig carrying one of the two glycosyltransferase genes to be transferred was produced,and then the second glycosyltransferase gene was transferred to the somatic cells of the transgenic pig. Using the genetically- engineered cells as a donor cell for nuclear transfer,purposed transgenic pig was produced. There has been seen some problems in the growth after birth and the expression of the purposed antigen, therefore additional studies are ongoing to solve the problems.
記述: 2009年~2011年科学研究費補助金基盤研究(B)研究成果報告書21380168
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3277
出現コレクション:07004研究報告書

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
21380168seika.pdf.pdf367.32 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください