帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00D畜産生命科学研究部門 >
00D04研究報告書 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3275

タイトル: 広域分布性森林性動物が分布域辺縁で隔離された特有の森林に適応する機構と過程の解明
その他のタイトル: How forestry mammals distributed extensively adapted to isolated and specific forests in marginal regions of their distribution? : Mechanism and process of peripatric adaptation
著者: 押田, 龍夫
OSHIDA, TATSUO
キーワード: 森林生物
発行日: 26-May-2012
出版者: 帯広畜産大学
シリーズ番号/レポート番号: 2009年~2011年科学研究費補助金基盤研究(B)(一般)研究成果報告書
21380086
抄録: ユーラシア大陸北部一帯に生息する広域分布性森林性哺乳動物であるタイリクモモンガおよびキタリスが、その分布域辺縁で隔離されている北海道の特有の針交混交林にどのように適応しているのか、また、ユーラシア大陸北東部のキタリス集団の進化的歴史を併せて調べた結果、以下の知見を得る事が出来た。 (1)タイリクモモンガは、トドマツ優先混交林に多く見られ、本種が広汎に分布するユーラシア大陸には見られない樹種を営巣資源として主に利用していることが明らかになった。 (2)キタリスのエゾマツ毬果利用性を調べた結果、本種は特にエゾマツ資源を一定数利用しているものの、これに大きく依存している訳ではなく、北海道の天然林に多く存在する広葉樹に依存している可能性が間接的に示唆された。 (3) ユーラシア大陸北東部のキタリス集団を用いた分子系統地理学的研究結果からは、遺伝的に明瞭な集団の分化が見られず、少なくともユーラシア大陸北東部のキタリス集団では遺伝的分化を伴う様な地理的隔離がなかったことが示唆された。 The Siberian flying squirrel and the red squirrel,which are arboreal and inhabit in forests,are extensively distributed in northern part of the Eurasian Continent. Hokkaido population of both species are geographically isolated from Eurasian population,so that,in this project,I expected to find their specific adaptation to Hokkaido's foresst. Also,I resolved the phylogeographical characteristics of the red squirrel population occurring in northeastern Eurasia. The findings are as follows. (1) Siberian flying squirrels are mainly found in the Abies sachalinensis-dominated mixed forest,showing that the A. sachalinensis is important resource for their nesting. (2) Red squirrels consume the corn of Picea jezoensis,however,it is not their main food resource. Red squirrels may depend on the other resources such as seeds of broad-leaved trees. (3) From the molecular phylogeographical analyses,I did not find genetic diversity of red squirrel population occurring in northeastern Eurasia. Therefore,it is suggested that this population may have not experienced significant geographical isolation.
記述: 2009年~2011年科学研究費補助金基盤研究(B)(一般)研究成果報告書21380086
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3275
出現コレクション:00D04研究報告書

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
21380086seika.pdf.pdf352.82 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください