帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00F地域環境学研究部門 >
00F01学術雑誌論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3170

タイトル: ユーラシア大陸の乳加工技術と乳製品 : 第4回 西アジア-イランの事例および西アジアの乳加工体系の整理
著者: 平田, 昌弘
HIRATA, Masahiro
キーワード: 乳加工
乳製品
牧畜民
イラン
西アジア
発行日: 2011
出版者: 食品資材研究会
誌名: New Food Industry
巻: 53
号: 4
開始ページ: 45-52
抄録: 本稿では,西アジアの乳加工体系としてイランの事例を紹介する。そして,西アジアシリーズのまとめとして,西アジア全域における乳加工体系を整理してみたい。  調査地は,イラン南部のファールス州である(図1)。かつてのアケメネス朝ペルシャの首都ベルセポリスがあった地である。イランといっても多様な民族集団が牧畜を営んでいる。そこで,事例としてチュルク系牧畜民カシュガイ族(写真1),イラン系牧畜民,アラブ系牧畜民ファームール族の乳加工体系をそれぞれ紹介する。調査時期は2004年である。
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3170
権利情報: 食品資材研究会
出現コレクション:00F01学術雑誌論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
NFI4.pdf2.21 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください