帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00A畜産衛生学研究部門 >
00A03学術研究報告(紀要)  >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3113

タイトル: Lactation curves of dairy animals : An interim literature review
その他のタイトル: 家畜の泌乳曲線 : 暫定的文献レビュー
著者: KAWATA, Yukichika
河田, 幸視
キーワード: lactation curve
classic model
test day model
review
cows
泌乳曲線
test day model
レビュー
乳牛
発行日: Oct-2011
出版者: 帯広畜産大学
引用: 帯大研報
抄録: This paper reviewed existing lactation models which are mainly applied to dairy cows. There are many related papers; in 50 papers, 90 lactation curves are presented. The most frequently used model is Wood’s (1967), which was quoted in 75 papers. In general, the earlier the year of the model presented in the paper, the higher its frequency of quotation. Wood’s (1967) model was followed by other models from Brody et al. (1923), Sikka (1950), Nelder (1966), Dave (1971), Cobby et al. (1978), Ali et al. (1987), Wilmink (1987), and Grossman et al. (1988); these models were quoted 9, 8, 17, 11, 9, 12, 18, and 11 times, respectively. The classic models, which have been mainly described as the function of time, have less room for improvement and have become increasingly complicated of late. Test-day models have room for further reversion. 文献をレビューし,乳牛を中心に泌乳曲線を整理した。 多数の関連文献が存在しており,本稿のレビューは完全 網羅的ではないものの,50以上の論文において,90以上 の式が提案されていた。もっとも使われていたモデルは Wood (1967) であり,75の論文で適用されるかレビュー されていた。一般に,モデルが発表された時期が早い ほど,利用頻度は高かった。そのほか,Brody et al. (1923) が9 回,Sikka (1950) が8 回,Nelder (1966) が17回,Dave (1971) が11回,Cobby et al. (1978) が 9 回,Ali et al. (1987) が12回,Wilmink (1987) が 18回Grossman et al. (1988)が11回の引用回数であった。 時間の関数として表されるclassic モデルは,単純なモ デルは出尽くした感があり,近年はモデルの複雑化が進 んでいる。test day models には多様なバリエーション があり,類型化のためには,詳細なレビューが必要であ るとともに,今後の改良の余地が残っている。
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3113
ISSN: 13485261
出現コレクション:00A03学術研究報告(紀要)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
lactation.pdf6.91 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください