帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00F地域環境学研究部門 >
00F03学術研究報告(紀要) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3111

タイトル: みつばちへのクロチアニジンの暴露 : 表面増強ラマン分光法を用いた農薬の分析
その他のタイトル: Honey bee exposure to clothianidin : analysis of agrochemicals using surface enhanced Raman spectroscopy
著者: 角田, 英男
玄, 大雄
上元, 好仁
堀川, 洋
Kakuta, Hideo
Gen, Masao
Kamimoto, Yoshihito
Horikawa, Yoh
キーワード: みつばち
クロチアニジン
表面増強ラマン分光法
honey bee
clothianidin
surface enhanced Raman spectroscopy
発行日: Oct-2011
出版者: 帯広畜産大学
引用: 帯大研報
抄録:  銀ナノ粒子・基板を用い,みつばち体表に付着している農薬のクロチアニジン(Clothianidin) のラマンスペクトル(表面増強ラマンスペクトル,Surface Enhanced Raman Spectrum:SERS)に よる検出・測定を行った。北海道の上川支庁管内(旭川市近郊)で採取したみつばち試料等の殆ど からクロチアニジンが検出され,みつばちが約1~4ng/ 匹のクロチアニジンに暴露されているこ とが明らかにされた。この結果から,同農薬がみつばちの健康に影響を与えている可能性が示唆 された。 We conducted experiments to detect clothianidin on body surface of honey bee using silver nanoparticlesubstrate by surface enhanced Raman spectroscopy (SERS). Most of the honey bee samples, collected from bee hives near Kamikawa area in Hokkaido, were exposed to about 1 to 4 ng clothianidin / bee on body surface. These results suggest that clothianidin residue found on body surface possibly affect the health of honey bee colonies.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3111
ISSN: 13485261
出現コレクション:00F03学術研究報告(紀要)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
mitsubachi.pdf806.25 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください