帯広畜産大学 学術情報リポジトリ >
000研究域 >
00F地域環境学研究部門 >
00F03学術研究報告(紀要) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3108

タイトル: 十勝地方において春播きしたナタネの収量に栽植密度,および窒素施肥量の違いがおよぼす影響
その他のタイトル: Effects of plant density and nitrogen application on the yield of spring-sowing canola
著者: 秋本, 正博
北畠, 真吾
Akimoto, Masahiro
Kitabatake, Shingo
キーワード: ナタネ
春播き
栽植密度
窒素施肥量
発行日: Oct-2011
出版者: 帯広畜産大学
引用: 帯大研報
抄録:  春播きしたナタネ品種,「キラリボシ」と「ナナシキブ」の収量に対する栽植密度と窒素施肥量の 効果を調査し,十勝地方においてナタネの春播き栽培を行うための適切な栽培管理方法を模索し た。栽植密度(密植:25cm 畦間と秋播き栽培の標準植:50cm 畦間)と窒素施肥(N -4.0kg/10a, N -8.0kg/10a,およびN -12.0kg/10a)を処理要素とした相互組み合わせによる6つの処理区を 設置し,2009年5月7日にキラリボシとナナシキブの播種を行った。そして,収穫時に各処理区 ごとに個体の形態特性と単位面積あたりの種子収量と油脂収量を計測した。キラリボシでは,個 体の草丈に対する窒素施肥の効果が認められ,窒素肥料を8.0kg/10a や12.0kg/10a 施用した区 で4.0kg/10a 施用した区より草丈が高くなった。その結果,窒素肥料を8.0kg/10a 以上施用した 区では試験期間中に株の倒伏が生じた。両品種とも,密植した区で単位面積あたりの種子収量や 油脂収量が高くなった。ナナシキブでは,密植を行った区のうち窒素肥料を4.0kg/10a 施用した 区で種子収量と油脂収量が最も高くなった。十勝地方におけるナタネの春播き栽培では,秋播き 栽培に比べ栽植密度を高く設定した方が高収量を期待できると考えられる。また,倒伏の回避や 収量の点から窒素施肥量を8.0kg/10a より少なく抑えたほうが好ましいと考えられる。 The effects of plant density and nitrogen application to the yield of canola,“Kirariboshi” and“Nanashikibu”, sowed in the spring were studied for understanding optimal cultivation methods of spring-sowing canola in Tokachi. The experiment had 2 x 3 factorial designs for respective varieties with plant density (dense planting by 25cm furrow and standard planting in winter-sowing canola by 50cm furrow) and nitrogen application (N-4.0kg/10a, N-8.0kg/10a, and N-12.0kg/10a) as factors. The seeds of Kirariboshi and Nanashikibu were sown in those 6 experimental plots on 7-May 2009. Then, at the harvest time, morphological characters of individual plants, and grain-yield and oil-yield per unit area were recorded for the respective treatment plots. Positive effect of nitrogen application to the plant height was detected for Kirariboshi. Plants in the plots with the nitrogen application of 8.0kg/10a and 12kg/10a were taller than those in the rest plots, resulting in severe lodging during the cultivation period. In both of the varieties, higher grain-yield and oil-yields were observed at the plots where dense planting was performed. Among the dense planting plots of Nanashikibu, both yields came to be the highest with nitrogen application of 4.0kg/10a. It is considered that the dense planting by narrower furrow than the standard spacing of winter-sowing canola, and nitrogen application less than 8.0kg/10a are appropriate for the cultivation of spring-sowing canola in Tokachi with regard to the yields as well as the prevention of plant lodging.
URI: http://ir.obihiro.ac.jp/dspace/handle/10322/3108
ISSN: 1348-5261
出現コレクション:00F03学術研究報告(紀要)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
tokachi.pdf638.57 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2006 MIT and Hewlett-Packard - ご意見をお寄せください